事務局だより

福岡でカンボジアの教育支援をしている団体です。 ここでは会員の会以外での活動や教育に関する話題など、色々な話題を事務局からお知らせとして紹介していきます。 http://sescc-fukuoka.pepper.jp/

日本の子ども達と交流

今日のカンボジアの大学生達は、ホームステイ先で各家庭が設定した個別体験研修の日でした。5名のうち2名は合同で、日本の小学生と交流をおこなってきました。

場所は当会会員で、今回もカンボジアの大学生をホストとして受け入れてくださっている廣畑伸暁さんが主宰する、こどもの居場所『わくわくの郷舎』でした。
『わくわくの郷舎』は、放課後や長期休暇の時に子ども達の遊び場や勉強の場として、廣畑信暁さんがボランティアで運営されている志免町にある子どもの達の集まれる居場所です。普段の遊びや勉強の他に、農業体験やキャンプやレクリエーションやワークショップなどの体験活動を取り入れながら、子ども達の育ちを見守っていらっしゃいます。

子ども達とカンボジアの大学生はすぐに打ち解けて、カンボジアの母国語であるクメール語講座が自然と始まりました。子ども達は、上手に難しい言葉を発音していました。

クメール語のお勉強

次は加藤会員による工作の時間です。
加藤会員が準備していたペットボトルを使った工作です。子ども達と協力しながら、楽しい作品が完成しました。

出来た作品を持って、記念撮影

工作の後は、みんなお待ちかね、たこ焼き作りです。
2つのグループに分かれ、大学生と子ども達が協力しながら、たこ焼きを焼いていきます。ここでは小学生の方が先生で、カンボジアの大学生に教えてくれながら、協力して美味しいたこ焼きを完成させることができました。

協力してたこ焼きを焼いています
協力してたこ焼きを焼いています2枚目

とても楽しい交流になりました。

交流が終わってからは、太宰府天満宮を散策して、日本の神社について勉強してきました。

お手水を初体験
太宰府天満宮の本殿の前で

 | HOME | 

Appendix

カンボジアの子ども達の教育を支援する会

カンボジアの子ども達の教育を支援する会

福岡でカンボジアの教育支援をしている団体です。ここでは会員の会外での活動情報を紹介していきます。 http://sescc-fukuoka.pepper.jp/

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks